本物のなめ茸を食す!小林農園の「元祖の寿なめたけ」

商品レビュー(フード)

小林農園の「なめたけ」

長岡県千曲市にある小林農園は昭和36年にえのき茸の佃煮を製造。瓶詰加工食品として商品名「なめ茸」を日本で初めて発売したなめ茸」開発の元祖です。

その後、東京の大手商社の協力を得て、高級珍味食品としてデパート販売等で人気を得た「なめ茸」は今や白米にとっても合う定番のご飯の友となりました。

なめ茸は日本人のソウルフードだニャ!

小林農園が元祖って初めて知ったね〜

創業者 小林崇章が高校時代から興味を抱いた“菌”の研究から、えのき茸の栽培研究につながり、やがて世界初のえのき茸の冷房栽培技術を確立。そしてパートナー会社と協力して、世の中に初めて『なめ茸』を誕生させました。今ではご飯のお供はもちろん卵料理や和え物など、万能の食品として日本の食卓に浸透しています。

小林農園公式ホームページより

小林農園のこだわり

  • 新鮮な信州産えのき茸を使用。
  • 醤油等の調味料が全て国産。
  • 天然水を使用。
  • 増粘剤、不使用。
  • 美味しさのため、面倒な手作業を惜しみません。

えのき茸は備蓄されていない信州産の新鮮な物を使用。風味を損なう増粘剤は一切使わず、瓶が冷えてから1本1本手で振って瓶内を均一化されています。

今どき、手作業が入っているのが凄いニャ

老舗のこだわりを感じるね!

元祖の寿なめ茸

こちらは小林農園の「元祖の寿なめ茸」新鮮な信州産えのき茸に、スタミナ食材「にんにく」、マンナン含有量がきのこの中で1番多い「きくらげ」、新陳代謝を高める「唐辛子」を加えて厳選調味料で炊き上げた健康志向なめ茸です。

商品詳細

榎茸(信州)、本醸造醤油(大豆・小麦を含む)、きび粗糖、干にんにく、干きくらげ、干唐辛子、玄米黒酢、素だし(煮干・さば節・かつお節)、本みりん、食塩

元祖のなめ茸を食す

元祖の寿なめ茸はきくらげやにんにくが入っているのが特徴。瓶をあけるとにんにくと唐辛子が見えます。

小林農園のなめ茸は、安価で量も確保できる中国産原料を使用するメーカーが多くなっている中、本場 信州産えのき茸にこだわり、備蓄をせずその日必要な分量だけ生産者から仕入れ加工されています。そして調味料も全て無添加、国産。

さっそく白ごはんにかけて実食!

食べてみると、明らかに普通のなめ茸と違うシャキっとした歯ごたえ。そこにきくらげのコリコリした食感とにんにくの香り、唐辛子の辛みが合さりとっても美味しい!

このなめ茸めちゃくちゃ美味いやんけっ!

ごはんが進みすぎるね!

味の決め手となる醤油はなめ茸と相性の良いものを厳選し、信州産を主とした本醸造濃口醤油(Non-GMO適合品)を使用されていて味に深みがあります。

見た目ほど辛さはなく、しっかりとした味付けなのでとってもご飯が進みます。明らかにスーパーで売られているなめ茸とはレベルが違い、増粘剤も使用されていないので不自然なヌメヌメ感もありません!

「寿」はこってりした味付けなので冷や奴にかけてもとっても美味しくいただけました。

初めて「なめ茸」を世に送り出し、今もなお伝統の製法を守る小林農園の元祖のなめたけシリーズ。なめ茸好きは必食です!

■昔ながらの「なめ茸」はこちら↓

created by Rinker
小林農園
¥381 (2021/09/23 03:02:27時点 Amazon調べ-詳細)
この記事を書いた人
タッチン

こんにちは!タッチンです。
タッチンが幼少期に拾ってきた愛猫"黒猫のラッキー"(天国在住)とともに、見た事、試した事、ちょっとだけお役立ち情報を発信しています。
ささいな情報が誰かのお役にたてば幸いです。

タッチンをフォローする
商品レビュー(フード)
タッチンをフォローする
mellow wave
タイトルとURLをコピーしました