【リッチェル保冷マグ】2WAYステンレススリムマグがおすすめ。ストローマグと比較レビュー!

キッズ
dav

リッチェル 2WAYステンレススリムマグ240

ストローマグで有名な「リッチェル」のステンレスボトル

もともとリッチェルのプラスチック製のストローマグは使っていて、とても使い勝手が良いが、唯一の決定は保冷ができない!

プラスチック製だと暑い季節はすぐにぬるくなるニャ

氷いれてもすぐ溶けるし、結露もするしね。
暑い季節は保冷機能が欲しいね

このステンレススリムマグは真空二重構造なので保冷できるし、リッチェルならではの使いやすさ、機能も備わっています

リッチェル 2WAYステンレスストローマグの特徴

ステンレス製            プラスチック製
  • ストローマグとタンブラー2WAYで使える!
  • 小さな手でも持ちやすい「ヘリ」付!
  • ステンレス真空保冷だから適温をキープ!
  • ママバッグやリュックのサイドポケットにスッポリサイズ!

ストローマグは両サイドに持ち手が付いていて赤ちゃんも握って持ちやすいが鞄やサイドポケットに入れる時は結構じゃまです

ステンレススリムマグは形状をスリムにして「ヘリ」を付ける事によって持ち易さと収納のし易さを両立しています

そして3歳くらいでストロー飲みを卒業しても付属されているキャップを変えるとタンブラーとしてもつかえます。成長やシーンに合わせられるのでこれは便利!

よく考えてあるニャ

さすがリッチェルだね

価格・容量など

■市場価値

3000円前後

■適応月齢

7ヶ月頃〜

■カラー

ブラック・ホワイト

■サイズ展開

160ml・240ml

■ストローマグ実用量(240mlタイプ)

245ml

■タンブラー実用量(240mlタイプ)

255ml

■保冷力

6時間後11℃以下

サーモスが6時間後10℃以下じゃなかったかニャ?

そうだね。レボマックスほどではないけどサーモスぐらいの保冷力はあるね

レボマックスとサーモス比較はこちら⬇

【水筒】全米で大人気!「レボマックスver.2」と「サーモス」を比較レビュー
【水筒・ステンレスマグボトル】炭酸やビールも持ち運べるレボマックスの価格や容量は?定番「サーモス」と比較レビュー!

ステンレススリムマグのブラック240mlを購入!

カラーはブラックとホワイトの2色展開だがブラックの240mlタイプを購入!

子供が大好きな色んな動物が描かれているデザイン

ストローマグタイプのキャップとタンブラータイプのキャップと2種類が入っています

タンブラー              ストローマグ

ストローマグのキャップは持ちやすいように「ヘリ」が付いています

本体はステンレスの真空二重構造でしっかり保冷します

リッチェル ストローマグと比較

並べてみるとステンレススリムマグのほうが高さがあるが、かなりスリムで持ちやすい

容量はウチで使っているタイプと比較するとストローマグの320mlに対してステンレスマグは242mlと少なくなりました

ストローキャップの部分は「ヘリ」の部分を除いて一緒です。フタも外せます。耐熱性もあり食洗機も使えるが、ステンレススリムマグは本体のみ食洗機不可なのでご注意を

使用感・感想

もともとの購入動機が

保冷ができる事

車内やお出かけ先でこぼさない事

ストローを卒業しても使える事

だったのでその点ではとっても優秀なステンレスストローマグです。保冷ができて、いつでも冷たい飲み物を飲めて「ヘリ」付で持ちやすく、スリムで収納しやすい!

1つ気になっていたのが容量。ストローマグの320mlに対してステンレスマグは242mlと少なくなるから足りるかな〜と思っていたが2歳児には不足感なく使えました

ただ成長すると容量が足りなくなるのでゆくゆくこまめな補充は必要になってくるかな〜と思っています

暑い季節に!まだストロー飲みの幼児に!保冷ができてタンブラーにもなる2WAYで長く使えるリッチェル「ステンレスストローマグ」おすすめです!

■さらにコンパクトな160mlタイプ

■やっぱりストローマグが1番!という人には「保冷ストローマグ」270mlもあります

■やっぱり容量が欲しいという人には350mlの「サーモスベビーストローマグ」がおすすめ!

タイトルとURLをコピーしました