日本一入手困難なカレー玉鬘(たまかずら)のバターカレーが絶品

商品レビュー(フード)

北新地 玉鬘(たまかずら)

玉鬘(たまかずら)は大阪・北新地で32年続く一見さんお断りの小料理バーです。

その玉鬘でコースの締めとして出されていた名物メニューのバターカレーが日本一入手困難と言われる「北新地玉鬘名物バターカレー」です。

北新地で一見さんお断りってだけで凄いニャ

噂では敷居を高くしたいわけじゃなく、ママが人見知りだからって事らしいよ

玉鬘とは – TAMAKAZURA –

昭和63年、大阪・ミナミで創業。北新地に移りまもなく四半世紀。

『いちげんさん御断り』限定10席の小料理バー。

『味』そのものを楽しんでいただくため、四季折々の最高の食材と、日本各地から厳選した地酒をそろえ、技でごまかさない、まっすぐな一品をお出ししています。

玉鬘公式ホームページより

「北新地玉鬘名物バターカレー」

玉鬘のバターカレーはAmazonや楽天でもお取り寄せ不可、玉鬘の公式通販もメンバー制という事で日本一入手困難なレトルトカレーと話題になっています。

あとは百貨店などのレトルトカレーの催事には出まわる事があるのでそういった所に出くわせば購入可能です。

店員さんによると玉鬘の準子ママが初孫の記念にレトルトカレーとして商品化し、パッケージにはお孫さんの誕生日の数字が隠されているとの事。

数字はパッケージに縦に書かれてるあれかニャ?

たぶんそうだね!

玉鬘バターカレー開封!

まるで引出物のような立派な玉鬘の袋に入れてくれました。

紙袋、大き過ぎやんけっ!

紙袋にもこだわりを感じるね

化学調味料は不使用で作られています。

開けてみると中身は普通のレトルトパウチ。秘伝スパイスもついています。

この付属の秘伝スパイスで辛さは自在に調節できるようになっています。

日本一入手困難なレトルトカレーの味は?

さっそく湯煎で温め実食!

お皿にあけるとサラリとしたカレー。見た感じ大きな具材もありません。

食べてみるとロースト玉ねぎの甘みが口に広がり、とっても濃厚なバターのコクがあってとっても美味しい!

国産よつ葉バターがふんだんに使われているので、コクと香りがすごく口の中に広がるバターカレーです。

肉の存在感は全く無いニャ!

野菜の甘みとバターのコクが際だっているね

デフォルトは中辛?くらいなのでお好みで秘伝スパイスを入れると辛さを増す事ができ、味の変化も楽しめますよ。

日本一入手困難な「北新地玉鬘名物バターカレー」は噂どおりレトルトカレーと思えない絶品カレーでした。見かけたらぜひお試しあれ。

見つけたら即買いだニャ!

この記事を書いた人
タッチン

こんにちは!タッチンです。
タッチンが幼少期に拾ってきた愛猫"黒猫のラッキー"(天国在住)とともに、見た事、試した事、ちょっとだけお役立ち情報を発信しています。
ささいな情報が誰かのお役にたてば幸いです。

タッチンをフォローする
商品レビュー(フード)
タッチンをフォローする
mellow wave
タイトルとURLをコピーしました